化粧水がしみる原因と突然ヒリヒリし始めたときにおすすめの対処方法

MENU

化粧水が突然ヒリヒリとしみるようになってしまった

ずっと肌に合っていると思って使っていた化粧水なのに、ある日突然しみるようになってヒリヒリと痛みを感じたり、赤みを帯びたりするようになることがあります。


実際に経験してみないと想像もできないことですが、実はこれは年齢とともにお肌が変化していることが原因で30代〜40代の女性によくあることです。


まだちょっとしみるくらいなら十分改善することは可能ですが、ひどくなると肌に合う化粧品を見つけるのが難しいくらいひどい状態になってしまうこともあるので適切な対処が必要です。


そこで、そもそもどうして突然化粧水がしみるようになるのか、その原因を理解してどのように対処すべきかを紹介しますので参考にしてみてください。


化粧水がしみるようになる原因

今まで何の問題もなく使えていた化粧水がしみるようになる原因は、簡単に言うと


 
肌のバリア機能が低下しているから

です。


肌の表面には角質層と呼ばれる0.02mmの薄い膜があるのですが、この角質層が外側からの刺激から肌を守るバリアとして、さらにうるおいを逃がさないようにする働きをしてくれています。


しかし、何らかの理由で角質層に異常が起きると、本来は刺激と感じないようなものでも痛みを感じたり炎症を引き起こしてしまうのです。


傷ができたときは水でもしみるのは経験したことがあると思いますが、皮膚のバリア機能がなくなると本当にさまざまものが刺激になってしまうのです。


では、どうして肌のバリア機能が低下してしまうのでしょうか?


主な理由としては


  • 加齢や睡眠不足の影響
  • ホルモンバランス
  • 過剰なスキンケア

といったものが挙げられます。それぞれいについてもう少し詳しく理解しておきましょう。


加齢や睡眠不足の影響

年齢とともに細胞の新陳代謝が衰えていくので、どうしてもターンオーバー(新しい皮膚が作られてから古い皮膚が剥がれ落ちるまでの期間)が遅くなっていきます。


そうすると古くなって必要な油分の少なくなった角質層が残るため、潤いを逃がしやすくなって乾燥したり、バリア機能の低下した肌になるのです。


そのため、今まで刺激とも感じなかったものがしみたり炎症を起こしたりするようになるのです。


加齢の影響と同じように睡眠不足によってターンオーバーが乱れると同じような症状を引き起こすことがあります。


だから、30代くらいのまだ若い方でも仕事や育児で忙しく睡眠を削るような生活をしていると、突然化粧水がしみるたりヒリヒリすることがあるのです。


ホルモンバランス

普段はそうでもないのに生理前になると化粧品がしみたり、肌荒れを起こしやすいという方も結構いると思います。


これはホルモンバランスの影響で、生理前は男性ホルモンに似た働きをする黄体ホルモンの分泌が活発になるため、どうしても肌トラブルが起きやすくなります。


個人差が大きいのですが、ひどい人はニキビがたくさんできたり、化粧品によって炎症を起こすような敏感肌になってしまったりすることもあるのです。


過剰なスキンケア

きれいになりたい一心で、メイク落としや洗顔をゴシゴシとやってみたり、化粧水や美容液をたたいて浸透させようとするような過剰なケアをしていると、角質層の必要な油分が減少してバリア機能が低下してしまうことがあります。


特に肌トラブルを隠したくて濃いめのメイクをしている方は、洗浄力の強いクレンジングによって必要な油分を落とし過ぎてしまうという悪循環にはまっている可能性もあるので注意が必要です。

化粧水がヒリヒリとしみる時の対処法と改善に必要なこと

化粧水がしみるようになってしまった場合は、どのような対処をするべきでしょうか?


必要なこととしては


  • 症状が悪化しないようにヒリヒリしない化粧水を使う
  • バリア機能を改善するためのスキンケアを実施する

という2つです。


ヒリヒリしない化粧水を使う

化粧水を使っていてヒリヒリすると感じたら、当たり前ですがまずは使用を中止することです。


肌のバリア機能が低下していることが問題なのですぐに改善策をしたいところですが、炎症を起こしたままだとちょっとした刺激でも悪化してしまうので、まずは使用をやめて炎症などが治まるのを待ちましょう。


ただ、その間にも保湿をして肌を保護することは必要なので、敏感肌用の刺激の少ない化粧水などをまずは使用することが大切です。


敏感肌用の化粧水を選ぶときには、無添加であることや万が一肌に合わない場合でも損しないように返金保証付きのものを選ぶとよいでしょう。


また、できるだけ肌を擦らないようにすることも大事なので、クレンジングや洗顔の時にも刺激をしないように十分注意してください。


バリア機能を改善するためのスキンケアを実施する

化粧水のヒリつきなどが収まってきてそれほどしみないようになってきら、次は肌のバリア機能を高めるようなスキンケアを心がけていきましょう。


バリア機能を支えているのは角質層に含まれるセラミドと呼ばれる油分なので、不足しているセラミドをスキンケアでしっかりと補給してあげることが必要になります。


そのため、化粧水や美容液を選ぶときにはセラミドを配合したものを選んでみてください。

化粧水以外のスキンケアも見直してみよう

ここまでの説明では、主にどのような化粧水や美容液を使うべきかという観点でお話してきましたが、化粧水がしみる原因の1つに過剰な洗浄があります。


前にもちょっと触れましたが、仕事柄メイクをきっちりされている方やメイク落としを簡単に済ませたいといった理由で不必要にオイルクレンジングなどを使用していると、必要な油分まで落としてしまって肌が敏感になっていることがあります。


そのため、化粧水や美容液の見直しに加えて、その前段階のスキンケアであるクレンジングや洗顔も肌への優しさを重視して見直してみることをおすすめします。