透明感のない肌を改善して透き通るような明るい肌にするメイクやスキンケア

MENU

透明感のない肌を改善して透き通るような肌を取り戻したい

30代を過ぎると、少しづつお肌にも変化が現れ始め、20代の頃のような透明感が失われてきます。


若い頃の肌はすべてが同じ色でムラがなく、色が白くなくても透き通るようなきれいな色をしています。


それなのに年齢を重ねるごとに、だんだん色にムラが出てきたりして透明感のない濁った印象の肌質に変わっていきます。


このように加齢とともに皮膚がくすんでしまうのは仕方がない点もあるのですが、原因によっては改善することができますし、ある程度はメイクで隠すことができます。


そのため、あなたの肌に透明感がない原因はどこにあるのかを知って、必要な対策をして若々しい肌に近づけるように、透き通るような肌を手に入れるための方法を紹介していきます。


くすんで透明感のない肌になってしまう原因

少しでも若いころのような透き通った明るい肌を取り戻すためにも、まずは透明感がなくなってしまう原因をしっかりと理解しておきましょう。


肌に透明感がなくなる主な原因としては


  • 血行不良
  • メラニン色素
  • 古い角質
  • 乾燥肌

といったものが挙げられます。意外とたくさん原因があり、どれか1つではなくいくつかの原因が絡み合っていることが多いので、あなたの肌はどれが原因になってそうかしっかりと考えてみてください。


メラニン色素

まず肌の透明感をなくしてしまうものとしてもっとも厄介なのがメラニン色素、いわゆるシミというやつですね。


ほんのちょっとシミがあるだけでもくすんでいるように見えるし、見た目年齢も一気に上がってしまいます。


20代の頃は肌のターンオーバーが活発なのでメラニン色素が排出されやすいのですが、30代以降になると排出されるまでに時間がかかるようになり、徐々に目立つようになって肌の透明感を失わせるのです。


血行不良

普段はあまり意識することはないと思いますが、血行不良によっても肌がくすんで見えてしまいます。


血行不良を引き起こす代表的なものは睡眠不足です。


睡眠時間が足りなくて目の下にクマができた経験があると思いますが、これは睡眠不足によって血流が悪くなり、血液中の酸素不足によって血液が紫色っぽい色になった状態です。


目の下は皮膚が薄いために特に青っぽい色が目立つのですが、顔色全体の毛細血管で同じようなことが起きるため、それほど目立たなくても全体的にくすんで見えてしまうのです。


私たちの体は実は寝ている間は体を休めようとして血圧を下げるため、血管が広がって毛細血管にまで血液が流れやすくなります。


逆に起きている間は必要なところに血液を送れるように、血管を収縮して血圧を上げようとするため、細部にまで血液がいきわたりにくくなるのです。


そのため、睡眠不足が続くと血管が収縮した状態が続くため、顔色が悪くみえてしまうのです。


睡眠以外だとタバコも血流を悪化させる原因になるので注意が必要です。


古い角質

年齢とともにどうしても肌のターンオーバーは遅くなってきます。


さらに30代以降になると仕事や子育てなどで先ほど説明した睡眠不足が続くことが多くなり、それがさらなるターンオーバーの遅れを引き起こします。


そうなると、古くなった角質が剥がれずに残り続けてしまうため、皮膚の表面にある角質層がだんだん厚くなり、肌の色に透明感がなくなってくるのです。


乾燥肌

年齢を重ねると皮膚に含まれる水分が少なくなって乾燥しやすくなります。


そうすると皮膚はしぼんでいわゆる乾燥小じわが目立つようになり、どうしてもムラのある色に見えてしまいます。


さらに皮がむけたり粉をふいて白くなったりするため、どうしても透き通った肌には見えなくなってしまうのです。


このように、年齢とともに透明感がない肌になる原因は非常にたくさんあるため、対策も簡単ではないのです。

透明感のある透き通るような明るい肌を作るためのメイクやスキンケア

透明感のある肌を取り戻すためには、先ほど説明した原因を1つ1つ取り除いていく必要があります。


ただ、シミやターンオーバーの改善にはある程度の期間が必要になるため、どうしてもメイクで隠す必要もでてくるので、メイクで上手に隠しながら必要なスキンケアをしていくことが大切です。


具体的に説明していきましょう。


シミや血行不良の対策

基本的には予防がとっても大切で、予防するためには

  • 紫外線対策
  • 睡眠
  • 禁煙

といったことが必要になります。


ただ、今あるシミの対策や睡眠時間の確保、禁煙といったことはすぐに実践するのは簡単ではありませんし、すでに透明感のない肌になっている方が実践しても即効性は期待できません。


そこで睡眠の改善や禁煙といった効果が現れるまでは、しっかりとシミなどをカバーして透明感のある肌が作れるようなファンデーションなどを上手に利用してみるといいでしょう。


古い角質や乾燥対策

そして根本的な対策としてはやっぱり古い角質が残りにくくうるおいのある健康な肌になるためことが欠かせません。


そのために必要なのがセラミドを補給することです。


乾燥した肌というのはただ水分が足りないのではなく、水分が逃げやすい肌であることが問題なので、適当に保湿をするだけでは改善しません。


必要なのは皮膚内部のうるおいを閉じ込める働きをするセラミドという油分を補給してあげることなのです。


セラミドを補給することで乾燥を防げるだけでなく、ターンオーバーの改善にもつながります。


乾燥した肌は肌のバリア機能も低下するため、皮膚は刺激に弱くなるのですが、刺激に弱い肌は何とか刺激を避けようとして角質を厚くしようとしてしまうのです。


そのため、セラミドによって乾燥しにくい肌をつくることは、肌のバリア機能を改善して刺激に強い肌を繰ることにもなり、結果としてターンオーバーの改善にもつながるのです。


このように、透明感のある肌を取り戻すためには、まず一時的な対処としてメイクで透明感をなくしている原因を隠しつつ、セラミドを補給するようなスキンケアをして乾燥肌と乱れたターンオーバーを改善することが重要なのです。